忍者ブログ
ただの独り言・・・
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
同じやね(返信済)
(03/15)
無題(返信済)
(05/05)
きっと(返信済)
(09/15)
初めまして(返信済)
(07/07)
無題(返信済)
(06/29)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
紗夜
性別:
女性
職業:
閉篭り
趣味:
思想
自己紹介:
落ち事、独り言、吐捨て事、自殺願望
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

食べても食べても満たされない。
常に体が欲している。

食べなければならない事と解っている。
体が衰弱している・・・
食べても食べてもよくならない。

眩暈がする。
頭痛がする。
立ちくらみがする・・・

食べたい。
お腹が空いた。
PR
人の事を嫌いになってしまうのはよくある事だと思う。
だからと言って、嫌いになった人の事を大っぴらに悪く言うのはどうかと思う。
心の中で留めておけないのならせめてその人に伝わる事のないような人に愚痴を言えばいいのに・・・
わざとらしく本人も含め誰彼構わず言いまわるのはもはや悪意である。

そういった悪意は不愉快以外のなんでもない。

そうして悪意たっぷりの暴言を吐いた自分自身は悲劇のヒロインぶるのだから余計タチが悪い。
時折過去を振り返る。
過去の自分を想い、過去に戻って話しを聞いてやる。
今が幸せだと噛み締められるよう過去を振り返る。

救われない・・・

きれい事だけ見るようにして、幸せだと思い込む。

本当は知ってる。
ずっと逃げてるだけだと。
楽な方へ楽な方へと・・・
虐待と銘打ったが、虐待とはこうであると意見するものではない。
懺悔とか、やりきれない感情を書き殴るものだ。だから、これを見せられるのは不快になると思う。
ごめんなさい。



夕食時に見てたニュース内で虐待された子を救う児童福祉の話があった。
保護した4歳の少女の体にはタバコを押し付けられた痕や叩かれた痕が生々しく映されていてた。


血の気が引いていくのがわかった。
それは少女を哀れんだからではない。明日は我が身かもしれないという恐怖だ。
何をしたら虐待なのか、教育なのか私にはわからない。
でも、泣きながら「ごめんなさい」と叫ぶ我が子を叩くのは虐待なのかもしれない。

テレビ内で職員さんが言っていた。「保護した子の親に殺してやるとか、苦しみながら死ねばいいとか言われます。」

私もきっと泣き叫びながら殺しに行くと思う。
子供を返せと。
どんなに私が子供を愛してるか・・・
それでも、叩けば連れて行かれる?
明日は我が身に襲い掛かる恐怖。

「虐待」

この言葉を聞くたびに恐くなる。明日は我が身だと。


保護された少女の親から子供を返せと電話がきた。
その時旦那は言った。
「ま、当然だよな」と・・・
親だもの、子供と引き離されるのは辛い

「イライラの捌け口を取られたんだもんな」


・・・なにを言ってるの?

「いやいや、専業主婦の私ですら子供2人家でずっとみてるのたまに狂いそうになるのに、このお母さんシングルマザーで子供と暮らすために沢山働いてるんじゃん?疲れて帰ってきて泣き喚かれたりとかしたら本当に辛いよ?」

「だから、そのストレスの捌け口を子供にしてるんじゃん。んでそれが取り上げられたから返せって言ってるんでしょ」

「いや、それは違うと思う。」

「違わないでしょ。」

何を言ってるのかがわからない。ただ殴りたいだけに働きに出て食べさせていこうと思う親がいるの?
引いた血の気がみるみる頭まで上るのがわかった。

「イライラするだけなら、返せなんて言わないでしょ」

返事は無かった。
丁度テレビでもその話が終わったところだった。



旦那の言葉は私に向けられたモノに感じた。
叩いたら愛してないとでも?
毎日何時間息子と笑って過ごしてると思ってるの?
毎日抱っこして頭を撫でて大好きといってキスしてると思ってるの?

何度言い聞かせてもどんどんやんちゃになっていく。よくない言葉も使ってくる。
その中で怒鳴って「何回も言ってるだろう!」と振り上げられ手。

痛い。痛い。

泣きながら「ごめんなさい」と叫び続ける息子。
それを「捌け口」だって?冗談じゃない!
こんなもの後悔しか残らないのに決まってるじゃないか。

泣きながら謝る私に息子は言った。
「大丈夫だよ。もう怒ってないからね」
私の頭を撫でながら優しく言うんだ。

愛してるんだよ。心から愛してるんだ。
それでも、泣き叫んだ息子を叩いた私は虐待する母親。
曖昧な境界線が私に迫ってきてボーダーラインを過ぎてるのかなんて私にはわからない。

手は毎日上げてるわけじゃない。「あぷっ」といって拳骨をこつんとあてるのは毎日してるけど・・・
でも突き放すような事は毎日してる。
お友達と仲良くできないならお家に帰りなさい。
おもちゃ貸せないなら片付けなさい。
片付けできないなら捨てなさい・・・
上げだしたらきりがない。

優しく言い聞かせるように、当然手を上げたりなんかしたらいけない。
わかってる。分かってるよ・・・出来るだけそうしてるんだ。
でも、その時の何かが気に入らなくなると怒鳴り、手を上げてしまう時がある。

抱きしめながら「痛かったね。ママ怖いね。ママも痛かったよ」と言いながら頭を撫でる。
恐い。私は虐待する母親。
謝って「無かった」事にしてしまう。そしてまた暴力を振るう虐待。

恐い。
明日は我が身とずっと思ってた。
でも、もう我が身に起こってる事なんだと思う。

助けてくれる人なら沢山いる。現に沢山助けてもらった。ママはよくやってるよ。と言ってくれた。虐待の内に入らないよ。と・・・

でも、やっぱり私は恐いんだ。
嬉しい出来事でほっこりしてる最中に、とてもどす黒いモノを見せられるととても気持ち悪くなる。
世の中本当に良くできてると思う。

死にたいと思う事は別にどうでもいいけれど、それをだれ彼構わず言いまわるのはどうかと思う。
助けて欲しいという気持ちはとてもわかるけれど、あまりにも自分勝手すぎる事をした後で同意を求めるような行為はいかがなものだろう?
多分、周囲の人々の方がとても辛いのだろうに・・・
忍者ブログ [PR]