忍者ブログ
ただの独り言・・・
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
同じやね(返信済)
(03/15)
無題(返信済)
(05/05)
きっと(返信済)
(09/15)
初めまして(返信済)
(07/07)
無題(返信済)
(06/29)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
紗夜
性別:
女性
職業:
閉篭り
趣味:
思想
自己紹介:
落ち事、独り言、吐捨て事、自殺願望
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何が哀しくて誕生日、午前0時から風呂掃除に洗濯物たたんでんだか・・・

本当アホらしい。
イライラする。
イライラしてばっかり・・・
いい加減私も大人になれないだろうか?

いくつになっても大人になれないで時間を恐れてばかり。
あぁあ、嫌だなぁ・・・
昔から色んな事が重なる友人がいる。
たまたまはまったファッションが同じだったり、偶然その日食べたメニューが同じだったり・・・
そんな些細な事だけど・・・


私と同じ頃、友人もまた命一つ失っていた・・・


どんな偶然だろう。
でも、なにかの導きだったのかもしれない。
二人で命について考えて泣いた・・・
なにか救われた気がした。
昨日彼女が私の中からいなくなった。
彼女はの心拍はこの2週間のうちに停止していた・・・

私が殺してしまったのか、彼女の灯火が儚かったのかわからない。
どちらにしても悲しい事実なのだ。

最後にみた彼女の姿は壮絶なものだった。
「抱っこさせてください」
舌の先まででかかった言葉を飲み込んでしまったのは何故?

夢姫。僅かでも母の胎内で文字通り、命をかけて生きてくれてありがとう。
私の夢で生まれてくれた。
私の夢で成長してくれた。
一生懸命笑ってくれた。

救われたいと思う私に見せられた戒めなのだろうか。
彼女の成長が嬉しくもなり、とても悲しい・・・
現実にこの手に抱けたらどんなにいいだろう・・・
彼女の本当の笑顔がみれたらどんなに楽しいだろう。

夢姫、ほんの数週間しか生きることの出来ない娘よ。
貴女を守れない母でごめんなさい。
それでも、私は一生貴女の母でいたい。
夢姫。
夢でも貴女を抱けてよかった。
ありがとう。
忍者ブログ [PR]